トラウマを克服する治し方

あなたの生きづらさの原因となっているトラウマはなんですか?

 

・親に愛されなかった悲しみがある

・親に日常的に暴言、暴力を振るわれ、人への恐怖心がある

・母親にいつも否定されてきたので、自己肯定感が持てない

・誰にもわかってもらえない孤独感がつきまとう

・性的虐待や過去のつらい記憶がフラッシュバックする

・学校時代にいじめを受けたが、誰にも助けてもらえなかった

・親から責められ、学校でもいじめられて自分の居場所がどこにもなかった。

・大勢の中で、自分だけ1時間以上怒鳴り続けられたことが忘れられない

・上司に1年以上パワハラを受け続けて、働くのが怖い

・子どものころから父親が怖くて、威圧的な人が怖い

・他人の目が気になり、自信が持てない

・親のDVを逃れて結婚したが、夫もDVで生きている価値が見いだせない

 

 たとえ今、あなたが心の傷を抱え、孤独感や不安感の中で生きづらさを感じていたとしても、どうぞ苦しみ続けないでください。

トラウマや、過去の記憶のつらさを解消することは、現在の心理セラピーでは、難しいものではなくなってきています。

ですから、フラッシュバックや、過去の記憶にとらわれてしまうことがつらければ、トラウマ解消のためのセラピーをぜひ受けてくださればと思います。

TFTやEFTなどのタッピングセラピー、EMDR、ソマティックエクスペリエンス(SE)、ブレインスポッティングなど、ほかにもトラウマ治療が得意な心理セラピーは、たくさん出てくるようになりました。

ビリーブセラピーでも、タッピングをお教えし、トラウマケアにも活用もしていますが、いわゆるトラウマや辛い過去の記憶そのものの苦しみは、さほどの時間を必要とすることなく、癒していくことが可能です。

ただ、本当にトラウマや心の傷に打ち克つために必要なのは、過去の記憶のつらさの解消だけではありません。

そのつらい記憶の中で作られた、ネガティブなセルフイメージ(「私はダメ」「愛される価値がない」などの自己像)やビリーフ(「人は信用できない」「男性は怖い」などの価値観や信念)こそが、その人の根本的な苦しみの原因です。

この心の根っこにある、その人特有のセルフイメージやビリーフこそが、人生を幸福にするか不幸にするか決めているといっても過言ではありません。

どんなに幸せになりたいと思っても、人から愛されたいと思っても、「自分はダメ」「自分は愛される価値がない」という心の根っこを持っていて、その上に美しい花が咲くことはないからです。

ですから、トラウマによる傷ついた心や体を癒すことが大切なのは言うまでもありません。

そのうえで、あなたが過去のつらい記憶の中で、ご自分を守るために作ってきたネガティブなセルフイメージや価値観、信念を変えていくことが、とても大事なのだといえます。

「トラウマ後成長」・・・あなたの深い悩みが人生の意味を教えてくれる

トラウマや心の傷を持っているのはつらいことですが、それが私たちに与えてくれるものは、決してマイナスのことばかりではありません。

なぜなら、あなたが今悩んでいる問題こそ、あなたにとって最も大切な人生の課題がなんであるかを教えてくれ、人生の意味に気づかせてくれるものでもあるからです。

悩みは、とても悲しく苦しいものですが、たんに悲しみのために、苦しみのためにあるのではないのですね。

苦悩という形を通して、自分自身の人生の問題集がどのようなものであるのかを教えてくれているのです。

特にあなたの一番深い悩みこそ、あなたの今回の最も大切な人生の問題集であり、人生の意味を学ぶチャンスでもあります。

多くのトラウマケアは、なかなかここまで踏み込むのは難しいものです。

トラウマを癒し、一定のレベルまで回復できたら、それでクライアントさんのほうも、セラピストのほうも良しとすることが多いです。

私も、クリニックや個人セラピーでさせていただいているのは、多くの場合、ここまでです。

ご自分の人生の変容まで踏み込まれる方、特別にそうした志向のある方の場合、サポートをさせていただくことはありますが、特にクリニックの目的はあくまでも症状の回復のための治療であることが多いからです。

しかし、先ほどもお伝えしたように、本当に大事なことは、心の傷を癒した先にある、「本当の自分のすばらしさ」の発見、自分自身の成長にあるのだと思います。

現在、心理学の世界でも「トラウマ後成長」という言葉で言われるようになってきました。

トラウマや心の悩み苦しみから、自らの人生の意味やトラウマ後の心の成長にまで踏み込んでいく心のあり方です。

例えば、トラウマによる心の傷つきというのは、美しいお皿が落とされて、割れてしまった状態といえます。

私たちは傷ついたとき、どうしても、そうした問題が起きる前のもとに戻したいと願うものです。

これは、割れたお皿を、もう一度何とかして、もとに戻そうとする試みに似ています。

でも、本当に元通りにすることはできるでしょうか。

ノリやセロハンテープを用いて、なんとかお皿型に戻すことはできるかもしれませんが、美しいかというと、残念ながら、もとの美しいお皿とは言いがいたのではないでしょうか。

あなたは「金継ぎ」という日本の伝統技法を知っていらっしゃいますか。

これは、割れたところを漆でつないで、金粉で装飾をしていく技法です。

以前とは全く異なった美しさが生まれ、実際のお皿の世界では、こちらのお皿のほうが価値が高いものになる場合もあります。

実は、心の世界でも同じだということなのです。

つまり、トラウマによって傷ついた心を元に戻そうとするのではなく、より美しいもの、素晴らしいものへと成長させようと変化、変容を目指していくことにこそ価値があるのだということです。

なかには、私の心はガラスのようで、トラウマによって粉々に砕かれてしまったようだと感じている人もいるかもしれません。

そうした場合も、そのバラバラになった破片を同じお皿に戻そうとするのではなく、今度はステンドグラスのように、その破片を用いて別の美しいものを作り上げたらいいのだということです。

これは、たとえどんなにつらい経験をしたとしても、その経験を素晴らしい魂の糧や知恵にしていき、自分をさらに輝かせていくことは可能だということです。

私たちの本質は満月のようなもの

これは、別の言い方もできます。

私たち人間の本質は、本来、満月そのもののように素晴らしい性質を持っているという人間観です。

夜空にある月の姿は、三日月の時もあれば、半月の時もあり、雲ですべてが覆われて、月が全く見えない時もありますね。

では、三日月の時は、月は満月ではないのでしょうか?

半月の時は月が半分になっているのでしょうか?

雲で覆われていると、月は存在していないのでしょうか?

そんなことはありませんね。

いつでも、月は満月のままなのです。

私たち人間も、同じです。

本来の価値や素晴らしさは、愛に満ち、やさしさや調和や美しさ、強さや勇気や正義、誠実さや努力など、その人にしかない個性に満ちたまん丸の満月なのです。

でも、トラウマや大きな傷つきがあると、雲が覆って満月の姿が見えないのと同じで、自分に対してとても悲観的で否定的な思いが強くなるのです。

でも、この否定的で悲観的な雲を取り払いさえすれば、あなたはまん丸の満月なのです。

みんなが同じまん丸の満月なのではなく、それぞれが個性を持ったまん丸の満月です。
それは、花にも、バラやユリやカーネーション、カスミソウやタンポポのようにそれぞれ違いがあって、それぞれの美しさがあるのと一緒です。

その人にしかないまん丸の満月、「自分らしい満月」があるのです。

ビリーブセラピーのヒーリングカレッジでは、この満月を覆っている雲を取り払いながら、あなた自身の美しい満月の部分に気づいていく、ワークやプログラムを提供しています。

そのアプローチは3つのステップからなります。

【ヒーリングカレッジの3ステップ】

1 あなたの心の傷つきを癒す・・・・・・・5回の個人セッション

2 あなたの心と体と人生の再生を図る・・・6回の終日グループセミナー

(本来は7daysの合宿型ですが、コロナ禍のため、少人数での対面セミナーを実施)

3 あなたの自己変容と成長のために・・・・10回のしあわせカフェ

 

6回のグループセミナーでは、一日に2回ピラミッドヒーリングという、大宇宙の光を受けながら行う、ダイナミックメディテーションを行ってきます。心や体、人生を変えうるピラミッドヒーリングのすばらしさは、お一人お一人受け取るものが違うので、あなた自身が受けて味わっていただくしかありません。

このピラミッドヒーリングはセミナーだけではなく、その後も様々なことが起き、深い気づきが得ながら、気が付くと確実に変化し、成長し、その人らしい人生に導かれていきます。一番ユニークでだいご味とも言えるのが、目に見えるサポートや仕組みとともに、セミナー開始からおよそ一年は、その方に必要な変化をもたらすためのインスピレーションや指導が入りますので、その人にとって、最も「自分らしい」と感じられる変化に導かれていきます。

セミナーなどでの非日常的な素晴らしい体験は、とても貴重なものもですが、本当にその人を変えうるのは、日常生活の中での気づきや、持続的なセルフケアと心を見つめる作業にあるからです。

トラウマによる心の傷つきは、とてもインパクトのある経験です。
「私は愛される価値がない」と心に刻んだのち、その後も何かあるたびに「やっぱり私は愛されない」「やっぱり私は価値がない」と繰り返し刻み続けるのが、このネガティブなビリーフやセルフイメージであるのです。

ネガティブなインパクトのある経験とその繰り返しによって生まれたネガティブなビリーフやセルフイメージを変えるのは、同じくポジティブなインパクトのある経験とその繰り返しにあり、それができて本当の変化、変容をもたらすのです。

これを実現するためにも、セミナーなどでインパクトを持った変化を体験したのち、自宅に戻り日常生活の中でも、新たに生まれた「私は愛される価値がある」「私はありのままの自分でいいんだ」という思いを繰り返していかれる仕組みとサポートが、ビリーブセラピーにはあります。

セミナーがどのように素晴らしいものでも、それはきっかけにはなっても、本当に変容をもたらすのは日常の中のご自分の「思いと行動」の中にあるからです。

癒しと変化はその時々にもたらされますが、一年を通して本当にお一人お一人が「自分らしく」変化され、成長されてく姿は驚くほどで、とても素敵です。

一人で悩まずにヒーリングカレッジに来てみませんか

トラウマを抱えている人は、いつもどこかに恐怖心と傷つきを抱えています。

そして、あまりにつらい人生が続くと、「どうして自分だけ」という思いに陥りますよね。

「自分がよほど、悪い人間だからこんなに悲惨なことが続くのか」

「どうしてこんなにいつまでも苦しみが終わらないのか」と呪われているような思いになったり、自分を責めたり、自分がかわいそうに思えたりするのではないでしょうか。

でも、人生って、どこかハンディ戦のようなもの。

大人になったあなたは、例えば、足し算や掛け算をやってごらんと言われたら、なんの苦も無く、すらすらとやれるはずです。

中学くらいの方程式になると、少しずつできる人できない人が出てきますが、それでも何とか、答えられる問題あり、そうでない問題ありとなるでしょうか。

さらに高校の微分積分になると、もうギブアップの人も多いはず。

大学や大学院で数学をやっている人は、圧倒的に少数でしょうが、得意で進んだ数学も、難問を前にしたら、何時間も何日もかけて眉間にしわを寄せてフーフー言いながら、解いているかもしれません。

私たちの人生も同じではないでしょうか。

つまり、生まれてからこの方、何の苦労もなく順風満帆の人生で生きられたら、とてもいいように思いますが、その人が得ている知恵や人間性は、実はあまり実りを得ていない可能性があるのです。

小学生が「九九の掛け算」ができることを、得意げに周りに自慢しているのと、とても似ています。

人生の「九九」を楽々解いて、余裕を持っている人を見ると、とてもうらやましく思えますが、実はその人が身に着けている人生の経験知は「九九」レベルの可能性があるということです。

人生の微分積分を「わからない」と言いながら必死で解いている人や、専門的な学びの中でかなり困難な数学を解いている人のほうが、はるかに大変だけれども、得られる力や知恵は、はるかに高いのだということです。

何が申しあげたいかといえば、この世で厳しい人生の課題を抱えている人、大変な人生を生きている人、それだけ厳しい人生の問題集を解いている人は、苦しいけれども、もっと高次で、大いなる視点から見ると期待されているとも言え、実はその人の持てる能力が高いからこそ、その厳しい人生と向き合っているのだということであるのです。

だから、聖書では「神は乗り越えられる試練しか与えない」と言われています。

あなたには、その問題が解けるだけの実力があるからだということですね。

こうした言葉を聞いても、本当に苦しいときは、つらいだけだったり、途方に暮れてしまうかもしれません。

でも、どうか一人で悩まないでいただきたいのです。

やさしいビリーブセラピー・ヒーリングカレッジは、十分な時間をかけながら、あなたのお悩みに帆走しながら、癒しと自己成長のサポートさせていただくことができます。

もし、あなたが今、自分の人生に大きな悩みを感じているけれども、よりよい人生を生きたい、生きづらさを克服して、自分らしい人生を生きたいと願われているなら、どうぞ、ビリーブセラピーのヒーリングカレッジに来てみてくださればと願っています。

 

ヒーリングカレッジについてご興味のある方は、こちらをご覧ください。

ヒーリングカレッジについて

関連記事

  1. 適応障害…生きづらさを解消するために

  2. HSP-繊細で敏感すぎて生きづらいあなたへ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。