「希望実現タッピングセラピー」希望の未来を引き寄せる!

 

 

このブログは、下記のように3つのパートからなっています。

興味のある方は、ぜひ、順番にお読みくださればと思います。

part1 不安や恐れを解消し、希望に変えるタッピングセラピーは⇒

part2 自分らしく生きる、恐怖から自由になるタッピングセラピー⇒

part3 「希望実現タッピングセラピー」希望の未来を引き寄せる!⇒

 

part1、part2を通じて、いかに不安や恐れを解放するかについて、具体的なやり方を交えてお伝えしてきました。

そして、不安や恐れを解放したら、その反対のもの、愛や感謝の気持ち、信じる気持ちを育てていくことの大切さについてもお話をしてきました。

ここでは、さらに進めて、ズバリ「執着を手放して、希望の未来を引き寄せる」希望実現タッピングセラピーについて、お話をしていきたいと思います。

part2の最後で、あなたにとっての明るい未来とはどのようなものなのか、どのような人生を生きたら、死んだときに納得ができるのかについて、考えてみていただくことはできたでしょうか。

あるいは、そこまで本質的なことでなくても、今のあなたが実現させたい願いや目標を持っている方も多いと思います。

その希望を実現していくために、タッピングセラピーを用いた、本当に成果を現実に生むアプローチについて、part3では取り上げていきたいと思います。

究極のシンプル自己管理から自己実現へ

「希望実現」タッピングをお伝えをする前に、ぜひ、このやさしいビリーブセラピーに興味を持ってくださる方に、身に着けていただきたいワークがあります。

これは、自分軸を持つということでもありますし、大いなる力と繋がっていくための土台となるアプローチでもあります。

自分の心と体の中心に軸(センター)を意識するだけで、心は穏やかになり、ニュートラルになることができます。「センタリング」という言葉で有名になっていますが、これが日常的にできるようになると、受容的肯定的な状態でありながら、周囲から流されることなく、自分らしさを発揮することができるようになります。

究極のシンプルな自己管理法でもあります。

心に気づきを持ちながらも、集中できている、いわゆるマインドフルネスな状態といえます。リラックスしているけれども、注意が行き届いている状態です。

センタリングの状態にあるとき、心は穏やかで自己信頼に満ち、自分の中にある多数のリソースとつながることができます。

そして、自己実現に繋がっていく土台になるものでもあります。

このセンタリングを発展させていくと、大宇宙の根源なるエネルギーと繋がりながら、内なる自己の中心とも繋がっていけるような、本来の自己に目覚めていくために必要な土台となるスキルともいえます。気づきやインスピレーションも受けやすくなり、物事がクリアに見つめられるようになります。

やさしいビリーブセラピーの上級レベルでは、発展的な瞑想やイメージワークを展開していきますが、その土台としても、いつでもス~っと、この状態に入れるように進めていきます。

さらに中心軸を持つだけではなく、グランディングを意識することで、大地に根を下すように、地に足の着いた今を生きることができます。

中心を失いセンタリングができていない状態になると、ある種の混乱や不安定さが生じ、外的な影響を受けやすくなります。センタリングが身についてくると、たとえ大きな問題があっても、それに対応しながらも安らいだ気持ちでいることができるようになります。

心穏やかに自分らしく生きるためにも、明るい未来や希望を実現していく上でも、ぜひ身に着けていただきたいと思います。

とはいえ、とてもシンプルで、本当にカンタンですので、気軽にやってみてくださいね。

大宇宙の中心と繋がるセンタリング

肩の幅に足を開いて、体の力を抜いて、楽な姿勢で立ちましょう。

目を軽く閉じます。

あなたのペースで、何度かゆったりと深呼吸を繰り返していきます。

体の力が少しずつ緩んで、リラックスしていくのを感じるかもしれません…
さぁ、心の中で大宇宙をイメージしていきます。

数え切れないほどの無限とも言える星々が光輝く大宇宙をイメージしていきましょう...

そしてその大宇宙の中心から、1本の金色の光の軸が降りてきて、あなたの頭のてっぺんを通り抜け…

背骨の内側を通り…

足の裏を通って、地球の中心へと伸びていくのをイメージします…

足の裏は、まるで根っこが生えて地球の中心まで伸びているように、足の裏がぴたっと地に足がついているのを感じています。

そして、地球の中心から、光の軸が上へ上へと上昇し、足の裏を通り…

背骨の内側を通り…

頭のてっぺんを突き抜けて、大宇宙の中心へと伸びていきます…

(これを繰り返していきます)

 

動きながらのセンタリング

そして、この金色の1本の光の軸は、あなたの体が右や左に揺れても、前や後ろに動いても、歩いても、たとえ人に強く押されたとしても、いつもあなたと共にあり、たとえあなたがどのような状態の中にあっても、この光の軸と共にいることができます。

実際に体を動かしながら、それでもあなたの光の軸はいつでもついてくることを感じ取っていきましょう。

少しの間、時間をとったら、もう一度普通のセンタリングを味わって終わりましょう。

 

ニュートラルになれることを実感するワーク

自分の左斜め前にサークルをイメージし、そこに、今自分が悩んでいる問題があると想定します。

左斜め前のサークルの中に入り、その問題を十分に味わいます。「何が見え、何が聞こえ、どんな気持ちやどんな体の感覚がありますか。」

元の場所に戻り、センタリングを行います。

十分にセンタリングができたら、センタリングを保持したまま、もう一度悩みのサークルの中に入っていきます。どんな気持ちや感覚があるかを感じましょう。

出てからさきほどとの違いを感じてみましょう。

 

センタリングをして、悩みを体験すると、感じ方や受け止め方に変化が出ているのを感じるはずです。センタリングをした状態では、ニュートラルになれることが体験できたのではないでしょうか。

このセンタリングは、もっとも簡単にできる瞑想法としても、たとえ3分ほどでもいいので、最初の内は時間を取ってやることをお勧めします。

そして、少し慣れたら、電車に乗っている時でも、歩いている時でも、ぜひ意識してみてください。大宇宙の中心から自分、そして地球の中心と一本の光の軸が通っているのをイメージしながら、柔軟に動いている自分を気づきを持って眺めているだけでOKです。

心が落ち着かないとき、疲れている時、人前でパフォーマンスをしなくてはいけないときなどに、これをしていただくことで、心が穏やかになり、体の疲れが癒え、自分のペースで安心してパフォーマンスができるようになりますので、気軽にやってみてくださいね。

これができていると、この後でご紹介する希望実現タッピングも、よりスムーズに、入っていただけるようになります。

幸せになる希望実現のポイント

希望を実現する上で、何を実現させたいかを明確にすることは、とても大切ですね。

希望を明確にする際に、単なる希望実現ではなく、幸せになるための希望実現で、とても大事な点が2つあります。

1 自分の願いが、他の人を害したり、犠牲にすることはないか

2 自分の心境や努力にふさわしいか

 

ということです。

通常の願望実現は、何を願っても、あなたの望むものなら何でもという考え方もあるかもしれませんし、それでも実現は可能です。

でも、やさしいビリーブセラピーは、大宇宙の根源なる力を得て、現実化する方法です。

自己中心的な欲望や貪欲さを排除していった上で、本当にあなたを幸せにする希望を実現させていくアプローチです。

あなたも幸福になり、周囲の人も幸福になってこそ、本当の幸福の花が咲きます。

幸せになる希望実現に当たっては、自分が幸福になることが、他の人の幸福につながる願いであることを、ぜひ意識してみてくださればと思います。

また、ビリーブセラピーでは、ビリーブといって信じる力の大切さをお伝えしていますが、同時に最も大切な心の法則として「原因結果の法則」という、努力の大切さや心のあり方の大切もお伝えしています。

自分ができる努力もしっかり行ったうえで、大いなる力を得て、希望を実現させていくからこそ、あなたにしかない幸せな人生が展開すると考えています。

今は、カンタンで努力なしに、願ったことが手には入ればいいという潮流がありますね。

時間や手間をいかに短縮するかということを否定するつもりは、まったくありません。

簡単であること、便利であることは、それ自体に価値がありますよね。

けれども、希望の実現に関しては、少し危険な部分もあるのです。

なぜなら、その人の心の状態、結果に見合う心境や努力を伴わない願望実現は、短期的には物が手に入ったり、実現することはあっても、長期的には必ず、その人の心境や努力に応じた結果が引き寄せられるようになっているからです。

それが心の法則だからです。

たとえば、宝くじが3億円当たったら、一見はとてもラッキーで幸せに思いますよね。

私も、これを書いていて、自分ならどうするかと夢想を楽しんだくらいです。

誰もが、大金が入ったらと思うことはあるでしょうし、実際に宝くじを買うことで夢を買っている人もいることでしょう。

ところが、実際には、心に準備なく大金を手にした人の人生は、家族や親族など人間関係の悪化、ぜいたくによる貧困化、人生の目的の喪失が起きて、その後の人生が不幸になることが多いことが知られています。

念願の宝くじは当たっても、人生そのものは幸福に展開してくれないということが起きてしまうのですね。それは、その人の心境や努力が大金を手にして、使いこなせるだけのものになっていないからだということです。たとえ大金が入っても、自分のこれまでの堅実な生活や人間関係を変えることなく、寄付に使ったり、計画的に資産の運用や人生設計を図れる人であれば、さらに人生に付加価値を生みだすことができるのですね。

ですので、自分の願いそのものが、その人の心境や努力にふさわしいか、その願い自体が、その人はもちろん他の人にとっても害を及ぼさないもの、幸せを促進するものであるのかは、必ずチェックしてみてくださいね。

イメージングの力は強力な武器ですが

そのうえで、よく願望実現として言われる方法が、イメージングの力です。引き寄せの法則やマーフィーの法則などもイメージングの力を用いますね。

「ワクワクしながら願っている状況をありありと思い浮かべること」

「その願いが叶って、周りの人が幸せになっていくイメージを持つこと」

そうすると、希望や願いは現実化しやすいということが、知られていますね。

この引き寄せの法則にも、信じる力はとても重要になってきますし、自分だけでなく、自分の願いが叶うことで周りの人が幸せになっていく愛の力も重要になります。

願望実現においては、信じる気持ちでありありと想像力を育てていくことで現実化していくといわれます。

ただし、これが成功するためには、1つとても重要なポイントがあります。

それは日中起きている間も、その人の思いが積極的で肯定的なものでなければいけないのだということです。イメージする時だけはありありと想い描いても、それ以外の時間は、「どうせだめだよね」とか、「そんなにうまい話はないよね」とか、1日中イライラしているような精神状態でいたのでは、願った通りにならないものです。

日々の思いも肯定的で積極的にその実現を信じる力が、必要なのです。

イメージングの力は、とても強力な願望実現の武器です。

けれども、イメージングの力が弱かったり、信じる力が弱い人には、あまり現実的なアプローチとは言えないのですね。

では、そうしたイメージングの力や信じる力が弱い人はどうしたらいいのでしょう?

イメージングの力や信じる力を育てていくことも、もちろん大切なのですが、やさしいビリーブセラピーでは、違ったアプローチをお伝えしています。

 

執着を手放す「希望実現」タッピング

それが、これからご紹介する執着を手放す「希望実現タッピング」です。

Aさんは、私のところに来た時は、過重労働からうつ病になってしまっていました。大学時代の先輩との結婚も決まり、たくさんのお友達を呼んで思い描いていた通りの結婚式を開きたいのに、ウツのせいで思うように準備ができず、もう2週間前なのに大勢呼べるような二次会会場も、希望してるような司会者も決まっていないという焦りでいっぱいになっていました。この時に用いたのが、今日皆さんにご紹介する希望実現のワークでした。なんと、このセッションをしたその日の夜に司会者が見つかり、その後、2次会の会場も無事に見つかったと教えてくれました。

やはり、うつになられた陶芸家の男性が、展示会までに1カ月を切っているにも関わらず、やる気も集中力もなくなっていて、一点の作品もできていない状況で来られました。そんな時もこのアプローチを使うことで、その日から作品を制作できるようになり、締め切りにも間に合って、無事展示会を開催することができました。

私自身も、このワークで、お金を全く持っていなかったにもかかわらず、思いもかけない形で、新しい家を手に入れることができました。

希望を実現するためには、それを妨げるブレーキになっている感情や思い、欲求をしっかり解放してから、イメージングなり祈りを上げる必要があります。

特に希望実現においては、必ず、解放しておかなければならない重要なものがあります。

何だと思いますか?

最も解放すべき重要なものとは、「そうなってほしいという欲求そのもの」「願いそのもの」なのです。

ここに大抵、強いとらわれがあるからです。これをしっかり解放してから出てくる、自分なりの本当のイメージや願いを上げれば、潜在意識にも、そして大いなる力に対しても、思いがストレートに届きます。

今回の例に挙げたお二人のように、現実的な努力もしている方は、ネガティブな感情や思い、あるいはこうなってもらわなくては困るという、強い執着や欲求をしっかりと解放しておけば、現実化する力はしっかり働いてくれるものです。

そしてこのワークでは、ありありとイメージをするということはしません。

力むことなくふんわりとした素直な思いを、大いなるものに上げていくそんなアプローチです。

希望実現といっても、いろいろなやり方があることを経験していただけるかもしれません。私は、このやり方を使うようになって、現実化する力が、自分にもクライアントさんにも高まるようになったのを実感しています。

ご自分に合ったやり方を見つけていただくのが1番ですが、今日は、ぜひ、あらゆる執着を解放した後に、フワッと大宇宙に願いをあげていく、アプローチを体験してみてくださればと思います。

このやり方は、希望実現のためのアプローチそのものはとてもカンタンです。

でも、あなたの希望に付随している、あらゆるネガティブな感情や思い、ビリーフ(思い込み)欲求に気づいて、これを解放していくプロセスは、ある程度時間をかけてやってみる必要があります。1時間あまりの時間が必要になるかと思いますが、ここが、きちんとできると、本当に驚くほど、成果が表れてきますので、強い願いを持っている人は、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

幸せになる希望実現タッピングのやり方

このやり方は、まず、最初に、下記の1~7までの問いに対して、実際に書き出してから、8つ目の段階で、順番にタッピングをすることで、全てのネガティブな感情や思い、記憶、欲求、願望、思い込みを解放していきます。そして、最後に、大宇宙の根源なる力に、フワッと、思いをあげていくというプロセスで行っていきます。

 

 

1 あなたの希望(願望)や目標は何ですか。

 

2 その希望や目標を読んだとき、どのような感情や身体感覚がありますか。

 

3 願望の実現や目標達成に関連する失敗や挫折体験など、癒されていない未解決のままのネガティブな出来事はありますか。

 

4 そのゴールについて他の人に話したとしたら、何と言うでしょうか。

ネガティブな反応がある場合の、あなたの感情は何ですか

 

5 願望の実現を思う時に、不安や恐れ、抵抗を感じていることを全て書き出しましょう。

 

6 願望や目標に関して持っている欲求(願いそのものも含めて)を全て書き出しましょう。

 

7 その願いや問題について、制限となる信念にはどのようなものがあるでしょうか。

 

8 上記を全てEFTで、1つずつ解放していきましょう。(やり方は、part2で紹介しています)

 

9 改めてどうなれたらよいのかを明確にします。

 

10 センタリングを行います。

半眼(固く目を閉じずに、少し明るさが感じられるくらい、軽く目を閉じます)のまま、眼球だけ、苦しくない程度に、上に向けながら、行いましょう。

圧痛領域をさすりながら、

私はどのように実現するかは、わかりません。 

ただ、私がわかっているのは、今・・・(ここに、あなたのどうなれたらいいかを入れます)         

 そして、私は幸福感に満たされ、感謝に満ちています。

 

鎖骨下をさすりながら、(大宇宙にあげていくような気持で)

私はどのように実現するかは、わかりません。 

ただ、私がわかっているのは、今・・・(ここに、あなたのどうなれたらいいかを入れます)         

 そして、私は幸福感に満たされ、感謝に満ちています。

 

このやり方は、EFTの中でも、応用編とも上級編ともいえるアプローチです。

さまざまな感情や欲求を取り出してからEFTを活用するので、ある程度EFTが使えるようになっていることが必要になります。

EFTをすでに学んでいる方は、ぜひぜひチャレンジしてみてくださいね。

初めての方は、EFTのやり方については、動画を準備したいと思っていますので、もう少しお待ちくださればと思います。

実際のやり方の例を挙げておきますので、参考にしてみてください。

 

【希望実現タッピング例】

 

1  あなたの希望(願望)や目標は何ですか。

年収600万円が得られ、人間関係の良い職場に転職をしたい

2  その願望や目標を読んだとき、どのような感情や身体感覚がありますか。

不安感、自信のなさ、焦り、胸がギュッとなる感じ

3  願望の実現や目標達成に関連する失敗や挫折体験など、癒されていない未解決のままのネガティブな出来事はありますか。

上司に否定された言葉が忘れられず、怒りがある
一度就活した時に落とされ、どこも雇ってくれないのではと自信が持てない

4  そのゴールについて他の人に話したとしたら、何と言うでしょうか。ネガティブな反応がある場合の、あなたの感情は何ですか

こんな不況が始まっている時期に、あなたの年齢で、600万も出してくれる会社などない
くやしさ、自己効力感のなさ

5  願望の実現を思う時に、不安や恐れ、抵抗を感じていることを全て書き出しましょう。

ダメなんじゃないかという不安、自信のなさ、あきらめ、絶望感、怒り、どこも雇ってくれないのではという恐れ、焦り

6  願望や目標に関して持っている欲求(願いそのものも含めて)を全て書き出しましょう。

今の会社を早く辞めたい、上司の顔を見たくない、自信を持ちたい、転職したい、年収を下げたくない、600万は欲しい、就活で否定されたくない、自分の価値を認めてほしい

7  その願いや問題について、制限となる信念にはどのようなものがあるでしょうか。

私は人より劣っている、私は誰にも認められない、私は能力がない

8  上記を全てEFTで、1つずつ解放していきましょう。(やり方は、part2で紹介しています)

9  改めてどうなれたらよいのかを明確にします。

私は自分にふさわしい職場で、生き生きとやりがいを持って仕事をしている

10 センタリングを行います。
半眼(固く目を閉じずに、少し明るさが感じられるくらい、軽く目を閉じます)のまま、眼球だけ、苦しくない程度に、上に向けながら、行いましょう。

圧痛領域をさすりながら
私はどのように実現するかはわかりません。
ただ、私がわかっているのは、今(自分にふさわしい職場で、生き生きとやりがいを持って仕事をしています)
そして、私は幸福感に満たされ、感謝に満ちています。

鎖骨下をさすりながら、(大宇宙にあげていくような気持で)
私はどのように実現するかは、わかりません。
ただ、私がわかっているのは、今(自分にふさわしい職場で、生き生きとやりがいを持って仕事をしています)

そして、私は幸福感に満たされ、感謝に満ちています。

 

このアプローチは、あなたが願っている希望や目標を実現する上で、あらゆるネガティブな感情や思い込み、欲求を認めた上で、手放していくので、最初にあげた願望や目標と、最後にあげた願望や目標が変化することが、とても多いです。

本当にあなたにとって必要なものを願い、執着を手放した透明な心で、祈りのような思いを、ただ大宇宙の大いなる力にあげて、それが成就できたことを感謝と愛の気持ちで受け取るだけです。

本当に必要なものは、必ず、時間差はあっても、与えられるようになります。

その間は、ただ、自分の心を穏やかに(そうできないときは、タッピングで解放しながら)今の自分ができることに最善を尽くそう、次善を尽くそうと、努力をしていればいいのですね。

 

これまで、3つのパートに分けて、先行きが見えない不安や恐れを希望に変えていくためのタッピングセラピーについて、お話をしてきました。

まったく、タッピングを経験したことがない方は、ぜひ、part1だけでもマスターして、心穏やかに、明るい希望をもって生活できるようになっていただけたらと思っています。

part2、part3は上級編なので、初めての方には、むずかしく感じられたかもしれません。

でも、タッピングの可能性だけでも感じ取っていただければ幸いですし、興味を持たれた方は、ぜひ、エネルギー心理学とも呼ばれる、このアプローチに少しずつ触れてみていただければと願っています。

 

関連記事

  1. タッピングセラピーって効果があるの?

  2. 心理カウンセラー・EFTセラピストになりたい人の魔法の言葉

  3. 自分らしく生きる、恐れから自由になるタッピングセラピー

  4. タッピングセラピーは心の歯磨き!―SFTタッピング

  5. アンガーマネジメントに最適なEFTタッピング

  6. タッピングセラピーの資格ってどうやって取れるの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。